福祉 バリアフリー

ビル

福祉におけるバリアフリーとは

「福祉」を語る上で、外せない用語として「バリアフリー」というものがあります。
これは、1970年代中頃に生まれた概念であり、障害者や高齢者などの社会的弱者が社会生活を営む上で物理的、あるいは精神的障害になりそうなものを取り除こうという活動、またはそれらを取り除いた設備などのことを指します。
具体的には、車椅子を使っている方のために段差をなくしてスロープにしたり、手すりをつけたり、点字の表記をしたり、車椅子でも入れるような広い空間を確保したトイレや電話ボックスの設置、ボタンやお金を投入する口が低い位置にある自動販売機の設置、赤ちゃんと一緒に入れる女性用のトイレなどを街の身近なところで見かけることが出来ます。

小児治療に特化した歯医者「成増北口通り歯科」

中川歯科クリニックhttp://www.nakagawadent.net/

甲府市矯正治療ガイド

特定健診に対応したシステム

福祉 バリアフリーに関するページ一覧

バリアフリーのニーズ

バリアフリーの話題が高まりを見せています。
連日のようにこの話題が取り沙汰されるようになってい

バリアフリーについて

バリアフリーとは、体の不自由な人が少しでも快適に生活できるようにするための工夫のことです。

バリアフリーの街づくり

福祉の一環として、街でバリアフリーに関する広報のイベントを行っている自治体は多いです。
バリア

物理的や制度的に障壁を除くことです

バリアフリーとは、もともと建築用語で障壁を除くという意味です。
現代では、福祉的な面に用い、た